オプションを用意しよう

スペアキーや説明書をセットにする

カギが2つついてきたら、必ず両方売ってください。
片方だけ残していても、使い道がないので無駄です。
普段は片方のカギしか使わないので、スペアキーを放置している人が見られます。
スペアキーが無いと、価値がない車だと思われるので注意しましょう。
車を売る時のことを考えて、玄関などに置いておくとすぐわかります。
説明書も、重要な存在なので忘れずにセットにしてください。

車の中に、いつも説明書を入れておくと安心できます。
保管する場所を決めていれば、車を売る時に慌てなくて済みます。
説明書がないと、トラブルが起こった時に対応できません。
運転中にトラブルが起こる可能性があるので、やっぱり車の中が最も良い保管場所になります。

その他のオプションを確認しよう

カーナビが買った時についてきたら、それも売りましょう。
取り外して、カーナビを他の車に付け替えることができます。
ですがオプションが欠けていると価値が下がるので、損をします。
きちんとカーナビもセットにして、査定を任せてください。
こちらが言わなければ、カーナビが買った時についていたと気づかれないと思っている人が見られます。

ですが車を売る時は、買った時の書類を見せます。
そこにオプションも全て、記載されています。
カーナビの存在を隠していると、オプションが欠けていると判断されるので査定金額が低くなります。
他にもタイヤなどの記載があれば、セットにしましょう。
付属していたオプションを忘れた場合は、書類をチェックしてください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ